住宅ローンの借り換え家族会議

Just another WordPress site

住宅ローンの支払いを少しでも少なくしくしたい人は頭金を多くしましょう

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。頭金が0円でもOK!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。何があるか分らないので、把握しておきましょう。大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。
会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。
申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。そろそろマイホームかな・・と考えたとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。申し込んだ場合、審査があります。
パスしないと先にはいけません。ここで特に重要と判断されるポイントは年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。
また、カードローンの使用歴なども厳しくチェックすることがあるのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであれば無謀な使い方はやめましょう。
できれば使わないのが一番良いです。

↑Pagetop

Copyright(c)住宅ローンの借り換え家族会議. All rights reserved.